So-net無料ブログ作成

絶体絶命(58) 12/11日掲載 [我らがパラダイス 感想12月分]

我らがパラダイス328
絶体絶命(58) 12/11日掲載の感想です。
昨日のストーリーの続きとなると、今日は
朝子と邦子が世間に向けて、一石を投じる
演説を拡声器からするはずだった。
読者の方は、それを当然期待していたと思う。
私もそうだ。

しかし、横尾さんの岡田が満面の笑みを浮かべて
いる絵を見て、えぇぇぇぇぇーーーーーーー
と思った。

機動隊はどうなった?
さつきと遠藤はどうなった?
TVのLive放映はどうなった?
世間の反応はどうなった?
監禁されている福田と竹山はどうなった?
震えている朝子の母・チヅはどうなった?
こり騒ぎですり替えられて亡くなった星野喜美子
の娘の反応はどうなった?

と疑問点ばかり出でくるが、それは全部、少略されて
岡田の回想か?

岡田と山口がこんなに暴れて楽しかったと。
そして岡田の考えが変わったところで小さくまとまって
この小説は終わりだ。

今日の終わりは想定外であったのでびっくりした。
あっけない終わり方だ。

朝子と邦子が一石を投じて、介護問題が社会的問題
に発展したかどうかもわからなかったのは残念だ。

岡田はこの後、愛子に結婚を申し込み、皆セブン
スタータウンを追い出されるので、おやじの
残してくれた大きな家を改装して山口さんも愛子
さんも、皆で住みましょう。
朝子たちや邦子も又、さつきと遠藤さんも皆で
住んでパラダイスを作りましょうという事で終わった。

小さくまとまったという感じただ。

ともかく、林真理子さん、一年間掲載お疲れさまでした。
横尾さんも毎日、文章の内容にぴったりの素晴らしい
絵をありがとうございました。

スポンサードリンク 
 

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。