So-net無料ブログ作成
検索選択

作家と新聞連載小説 [雑感]

林真理子さんの新聞連載小説「我らがパラダイス」
は終わったが、作家と新聞連載小説について
考えてみた。
素人考えだが、作家が新聞連載小説を書くという事は
いづれ本になる本の内容を毎日、新しい文章で無償で
提供することとなる。そしてその内容を多くの人が
読むことになる。ある程度、多くの人に無料で提供
するのにリスクがあるように思う。

作家は連載小説を書く新聞社と何等かの形で契約して
いると思うが私たちにはうかがい知れない。

しかし、新聞連載小説が終わって本が刊行されると
新聞社からは、多大な紙面を割いて、大各的に宣伝
してもらえるように思う。

それも何回か目にした。

それだけ、新聞連載で新聞社に寄与したと言う事
なんだろうか?

そして新聞連載小説を書くことで作家の名前もさらに
有名になると思う。

作家は、新聞社から新聞連載小説の打診があった時は
メリットとデメリットを考えて引き受けているのだろう
と素人は考える。

しかるに、有名な作家でないと新聞連載小説のお願い
も来ないと思うが・・・・


スポンサードリンク 
 



nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。