So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

林真理子 最高のオバハン 文庫 発売 [林真理子氏関連]

林真理子さんがまたまた痛快エンタテイメントの
文庫本を 2017年10月06日 に発売しました。


「最高のオバハン 中島ハルコの恋愛相談室 (文春文庫)」です。

中島ハルコは普通のおばさんじゃない。
おばさんの着ぐるみをきたおじさんなのだ。

このフレーズとても気にいりました。
自分の近くにもいますから。

本の内容紹介
******************************************************
【内容情報】(出版社より)
中島ハルコ52歳、バツ2、女社長。
自称・いま最もブレイクしているオバハン。
金持ちなのにドケチで、口の悪さは天下一品。

新幹線ホームのキヨスクで週刊誌を立ち読みしたり、
大地震が起きたとき、無理矢理運送会社のトラックに
自宅まで送らせたりといった無茶苦茶なエピソードが満載。

そんな彼女の周りには、なぜか悩みごとを抱えた人間が寄ってくる。
「十年間付き合ってる不倫相手に貸した三百万円が返ってこない」
「老舗の和菓子屋の跡継ぎ息子がミュージシャンになると言い出した」
「自分の学歴(東大卒)が高すぎてオトコができない」
「40過ぎてやっと結婚したい相手が現れたのに、同居している実家の
両親が結婚に猛反対」など、さまざまな相談が持ち込まれる。

これらの悩みを、ハルコは決してきれいごとは言わず、独特の
人生観によって解決していく。

心あたりのある人は読んで恐ろしくなり、若い読者にとっては、
きたる人生の参考書にすらなるのではないだろう。
常識にとらわれず、本音で行動するハルコの歯に衣着せぬ物言いには、
聖人君子の教えにはない、不思議な説得力がある。
胸のすくような啖呵と、ハルコの傍若無人なようで鋭い洞察力が、
悩める人々の背中を押してくれる、痛快エンタテインメント小説。

********************************************楽天ブックスよりコピー



これらの悩みを、ハルコは決してきれいごとは言わず、独特の
人生観によって解決していく。とありますが、これは林真理子
さんの頭で考えた持論ということになりますね。

新聞でお悩み投稿欄があり、有名人が回答しているのをよく
見ます。お悩みの質問にも興味ありますが、回答をどんな
風にするのかを見るのもとても面白いです。

回答がいかにもと言う教科書的なのは面白くありません。

昔、車谷 長吉だったと思いますが、回答者だった時が
ありました。車谷 長吉の回答は常識型破りとても面白くて
「それ言っちゃおしまいでしょう」と言う回答もあり、
見るのが楽しみでした。

林真理子さんもお悩み回答者になったら、きっと面白い
回答を言うでしょうね。



スポンサーリンク










nice!(7)  コメント(0) 

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。