So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

西郷どん あらすじ 第5回 [西郷どん あらすじ]

西郷どん あらすじ 第5回です。
新藩士・斎彬は、父・斎興派の重鎮たちを罰せず
重用すると宣言する。
父が流罪で自分も謹慎中の正助は、斎彬のやり方
に憤る。

吉之助は、藩主と会える御前相撲で勝ち上がり、
殿の真意を問いただすと息まく。

岩山糸に縁談が持ち上がる。

相手は、相撲大会にも出場する上級藩士・海老原。

糸に恋い焦がれる正助の無念を晴らそうと、吉之助は
試合に臨む。

島津家の姫・於一が見守る中、相撲大会に大波乱が
起こる。

ゆかりの地は楽しいですね。



スポンサードリンク 
 

nice!(4)  コメント(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。